エロエロ星人

18禁のアダルトブログ「エロエロ星人」です。

熟女の魅力は計り知れない!風俗での熟女の魅力についてご紹介。

裸の美熟女■熟女はあまり嫌な顔をしない
風俗がある地域にはどこでもあると言っても過言ではないジャンルが熟女である。「男は若い女が好き」というのは定説だが、熟女はロリ系風俗店に押しも押されぬ人気ぶりを見せ、やはり、熟女とも遊びたいというのが本音だということが伺える。では熟女の何がそんなにいいのかと言ったら実はこの返答に困る男性は少なくない。「若くてかわいい子が好きなんだけど、なぜか熟女デリヘルにはまっている」とか「やっぱり迷ったら熟女のソープ店へ行くようにしている」という声を聴いたことがある。そこには一言では表せない熟女の良さがあるのだ。しかしよく考えてみると、それはサービスの良さの表れと言ってもいいのではないだろうか。お店の良さに対して「かわいい子がそろっているから」、「オプションプレイが充実しているから」というのであれば何がいいのかはっきりしているが、その理由が一発で出ないということは「なぜかは分からないが毎回満足させられている」ということになる。そして私なりに分析するとそれは一つ一つの表情であったり、口調であったり、声のトーンであったりするのではないかと思っている。現に熟女と遊んで無茶ぶりしたとしても軽く諫められるだけで露骨に嫌な顔をする女性はほとんどいない。

■熟女の風俗嬢が大体してくれること
更に熟女の気遣いは魅力の一つだと思う。ナチュラルに男性を立てるということができるのだ。例えばフェラで行ってしまった場合、若い子の場合ほとんどが口に残った精子をティッシュに出す。それでから男性器を拭くなり舐めたりする。言ってみればまず自分の方の処理をするのだ。それに対し、熟女の多くはまず男性器を拭いてから自分の口に残った精子を吐き出す。更にその後お掃除フェラをするなり、シャワーを浴びるなり、男性のことをまず第一に考える。

■熟女のピンサロ嬢について
熟女のピンサロ嬢は特にこれができている。さらにできた女性になると「いってくれてありがとう」というような態度を示す。はっきり言って射精しようがしまいがその女性に対する支払いは全く変わらない。そのため若い子の場合男性がいかなかったとしても「じゃあね、バイバイ」という感じなのに対して、熟女の場合は心底申し訳なさそうにする。そして、いった時には「いっぱい出したね」とか「いってくれて嬉しい」などと言ったかわいい言葉を添えてくれるのだ。こういったディテールは印象に残りづらいがなんとなく「熟女っていいなぁ」というのが心に刻まれているのだろう。それゆえアダルトの王道が未だに「熟女」ということになっているのではないだろうか。