エロエロ星人

18禁のアダルトブログ「エロエロ星人」です。

SMプレイを試した事ありますか?普段では味わえない様な快感を味わえるSMの魅力。

拘束された制服美少女■自由を奪われることによって得られる快感
SMプレイ、と言われると何を想像するでしょうか。ボンテージ姿の女性でしょうか、それともムチを持った姿も想像しやすいですね。ですがSMプレイで多く使われているものは、相手を支配するアイテム、拘束具です。SMプレイとは支配と服従の関係ですから、カラダを支配するにあたってこうした拘束具を使う事が多いのです。体の自由を奪われることによって支配された気持ちになり、抵抗できない状況に興奮を覚えます。また、相手はパートナーを拘束したことにより支配欲に満たされ、S心に火をつけます。それにより責めも一層激しくなり、互いに体と心に快感を得ることが出来るプレイスタイルです。ひとくちに拘束といっても、そのやり方は様々です。基本は手を縛るスタイルがスタンダードですが、同様に足を縛ってベッドに括りつけたり、体全体をロープで縛りあげる姿も思い浮かべられるのではないでしょうか。そしてそのまま横たわらせたり、椅子に座らせたり、吊るしたりとプレイスタイルによってさまざまで、どれも新しい快感を生み出すためのひとつの愛撫でもあるのです。

■拘束プレイするにあたってさまざまなアダルトグッズがある
拘束プレイ最も使われているのが手錠ですが、お金を使わない場合はタオルやネクタイといった私生活で使うグッズでも構いません。ようは縛ったり拘束する事が出来れば何も良いのです。しかし最近では優良な拘束グッズが発売されています。金具の手錠が痛くてあまり好きでないといった方には柔らかい素材のものや、かわいらしいファーのついた手錠なども売られています。また、手袋のような形状で肌にも優しいけれども拘束力は抜群といったものもありますし、まるでペットのようにつなぐことが出来る首輪などもあります。また、強制的にM字開脚のポーズになってしまう足枷ベルトなどもあり、これは膝にベルトを装着し、それを首の後ろに通すことで足が開きっぱなしになってしまう拘束具で、感じすぎて抵抗したくても足を閉じることが出来ず、ずっと感じ続けてしまうというアイテムです。そのほかにも紹介しきれない程のアダルトグッズがありますので、プレイに合わせてさまざまな拘束を楽しむことが出来るでしょう。

■拘束プレイで気を付けるべきこと
いくら相手を支配する側であろうとも、それはプレイの中だけの話です。やりすぎなプレイや、怪我をさせてしまうようなプレイではパートナーの服従心も薄れます。相手をきちんと労わる事が出来てこそ真の支配者なのです。特に拘束具は肌に痕を残してしまう場合もあります。手錠は勿論、布製のものであってもきつく縛り上げてしまっては痕どころか傷をつくってしまう可能性もありますので、その辺を考慮してアイテム選びから気を遣うことが大事です。たとえ相手がどんなにM気質であろうとも、されて嫌な事はありますし、どんな痛みも好きなわけではありません。SとMの関係以上に、人と人の関係であることを忘れてはいけません。